【ついに日本上映決定】マイケル・ジャクソンの伝記映画まとめ|主役は本人の甥ジャファー・ジャクソン!

こちらの記事は、内容を随時更新します。

こんにちは。あおありです。

2023年1月、「マイケルジャクソンの伝記映画が制作される」と正式発表がありました。

その後、マイケルの甥であるジャファー・ジャクソンがマイケル役を演じることが分かり、大きな話題となっています。

まだ多くの情報は明らかになっていません。しかし、制作サイドから段階的に新たな情報が発表されています。

この記事では、

  • 公開日
  • 映画のタイトル
  • 制作スタッフ
  • 内容
  • 出演者ついて

など、現時点で分かっている映画関連情報を簡単にまとめます。

マイケルジャクソンの伝記映画:基本情報

タイトルMichael(マイケル)
公開日2025年4月18日(日本は未定)
配給会社北米: ライオンズゲート(英語の公式サイト
その他の地域: Universal Pictures International
日本: キノフィルムズ
プロデューサーグレアム・キング (Graham King)
マイケルジャクソン・エステート(代表John Branca, John McClain)
監督アントワーン・フークア(Antoine Fuqua)
脚本家ジョン・ローガン(John Logan)
主演ジャファー・ジャクソン(Jaafar Jackson)
概要マイケルがジャクソン5で大スターになったときから晩年まで(詳細不明)
ソース: DEADLINE

公開日は2025年4月18日に決定!(日本は未定)

全米公開日は2025年4月18日とアナウンスされました。
記事を読んでみると「グローバルリリース」と記載されているので、アメリカだけでなく世界の広い地域で同時公開される可能性があります。
参考 Michael Jackson Biopic Gets Release Date(Billbord), Antoine Fuqua’s Michael Jackson Biopic Gets Global Release Date Via Lionsgate & Universal(Deadline)

この発表から数ヶ月遅れて、日本での公開がついに決定!

キノフィルムズから2025年に日本全国で配給されることが発表されました。(リンク キノフィルムズの映画「Michael」ページ

日本での公開日は未発表です。(2024年7月現在)

公式SNSより: クランクアップ報告(2024年5月30日)

プロジェクトは順調な様子!
制作サイドより、2024年5月30日に撮影終了したことが報告されました。

マイケルの伝記映画の製作陣は実績多数で期待大!

配給会社、プロデューサー、監督、脚本家など、映画制作の軸となるメンバーは大きな実績をもつ実力者揃い。
さらに彼らの経歴を見ると、マイケル・ジャクソンの生涯をうまく映画で伝えてくれそう!という期待が高まります。

制作陣のおもな実績

名前おもな実績
(配給会社)
ライオンズゲート
ダーティ・ダンシング
バッファロー’66
RED
ギャング・オブ・ニューヨーク
ダークハウス
トワイライト・サーガ
(プロデューサー)
グレアム・キング
ボヘミアン・ラプソディ
アビエイター
(監督)
アントワーン・フークア
イコライザー
トレーニングデイ
自由への道
スティービー・ワンダー,プリンス,アッシャーなどのミュージックビデオ
(脚本)
ジョン・ローガン
アビエイター
グラディエイター

配給会社は北米でライオンズゲート、それ以外のエリアではユニバーサルです。
ただし、日本での配給会社だけ未定です。
リンク マイケル・ジャクソンの伝記映画、ユニバーサルが世界配給

ライオンズゲートはアメリカのカリフォルニア州に拠点を置く映画制作会社です。日本語版Wikipediaで、代表的な作品が紹介されています。
私の知っているタイトルは「華氏911」と「ラ・ラ・ランド」でした。
リンク ライオンズゲートーWikipedia公式サイト

今後、ソニーも映画に関わる可能性がささやかれています。

プロデューサーのグレアム・キングは、フレディー・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディー」を手がけ大成功させた人物です。
リンク グレアム・キング- Wikipediaツイッター

監督のアントワーン・フークアはスティービー・ワンダー、プリンス、アッシャーのミュージックビデオを手がけた経歴があります。映画「イコライザー」の監督として有名です。
リンク アントワーン・フークア – Wikipediaインスタグラム

脚本のジョン・ローガンは映画「アビエイター」などの活躍で知られており、アカデミー賞に3度ノミネートされた経歴があります。
リンク ジョン・ローガン-Wikipediaインスタグラム

映画「マイケル」に最適なキャスティングである理由

映画「マイケル」のプロデューサー・監督・脚本の人選は、映画「マイケル」に期待される2つの要素を満たしてくれる可能性が高いです。

映画「マイケル」に期待する要素
  • 華やかなパフォーマンス
  • シリアスな人間ドラマ

マイケルは、歌とダンスはもちろん、ミュージックビデオやライブの豪華な演出で世界中の人々を楽しませてきました。
数えきれない伝説的なパフォーマンスを、映画でどう再現するのか気になります。

また、マイケルの私生活には多くの悩みがつきものでした。

  • 幼いころから休みなく働いた子供時代
  • 常に誰かに注目される生活
  • マスコミから絶え間なく虚偽のうわさを報道される
  • 少年の性的虐待疑惑
  • 尋常性白斑、鎮痛剤依存症などの健康問題

マイケルの生涯を伝えるには、これらの深刻なシーンも必要です。

監督のアントワーン・フークアは、キャリア初期に多くのミュージックビデオ(松田聖子さんの作品も!)を監督しています。(参考サイト)
これらの経験が映画「マイケル」のミュージックシーンにいかされることが期待されます。

あおあり
あおあり

マイケルのミュージックビデオやライブパフォーマンスがどんな風に描かれるか、楽しみ!

またフークアは、ウィル・スミス主演の映画「自由への道」を監督し、「自由を求める黒人奴隷の戦い」というシリアスなテーマを描きました。
今回はマイケルが直面した様々な苦悩を丁寧に表現してくれるはず。

プロデューサーのグレアム・キングは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、フレディ・マーキュリーの複雑な生涯を再現しました。
「ボヘミアン・ラプソディ」は完成度が高く大ヒットしているので「マイケル」のクオリティーにも期待が高まります。

また、脚本のジョン・ローガンは、映画「アビエイター」でグレアム・キングとタッグを組んでいます。
アビエイターはアカデミー賞で11部門にノミネートされるなど高い評価を得ました。

あおあり
あおあり

2人の相性は抜群のようだね!

さらにフークア、キング、ローガンの3人はマイケル・ジャクソンへの想いも強く、マイケルへの愛がこもった作品になると期待できます。

私にとってマイケルのようなパワー,カリスマ,そして純粋な音楽の才能をもつアーティストは居ない
(中略)
彼の音楽とイメージは私の世界観の一部、そして彼の物語を音楽と共に伝えるチャンスはとても魅力的だ。

監督:アントワーン・フークアのコメント

プロデューサーのグレアム・キングと脚本のジョン・ローガンは、長い間マイケル・ジャクソンの映画を作りたいと考えていました。念願のプロジェクトが始動して気合いMAXでしょう。

マイケル伝記映画の内容について

Hollywood ReporterDEADLINEなどによると、映画「マイケル」ではマイケルがジャクソン5で一世を風靡した時期から、晩年までを描くようです。

マイケルの生涯は50年と短いものの、エンターテイナーとして40年以上活躍しており芸歴はとても長いです。また私生活も波瀾万丈で、濃い人生。
1本の映画でどうやってまとめるのか…気になりますね。

現時点で分かっている映画「マイケル」の概要

現在報道されている映画「マイケル」の内容は以下の通りです。

  • ジャクソン5時代から晩年までを描く
  • キャリアのハイライトを再現する
  • 少年性的虐待疑惑、薬剤が原因の突然死などにも触れる
  • 最初のシーンは成人後のマイケル、途中からジャクソン5時代の回想に移るらしい

Sources tell us that the film will undoubtedly make the most of Jackson’s musical accomplishments and re-creation of seminal career highlights beginning with the days he fronted The Jackson 5 as a child to his hitmaking work as the biggest musical star in the world as an adult. But it will also deal squarely with the pedophile accusations that dogged his later years up to his death in 2009 at age 50, from cardiac arrest caused by a cocktail of sedatives.

いくつかの情報源によると、この映画では間違いなくジャクソンの音楽的功績、そしてジャクソン5の代表として活躍した子供時代から、世界一の音楽スターとなった成人後のヒット曲にいたるまでの影響力のあるキャリアのハイライトを最大限に活かすようだ。
しかし、その後彼を悩ませた少年愛告発から、2009年の複数の鎮静剤に起因する心肺停止による50歳での死についても正面から取り組むとのこと。

DEADLINE

マイケルの長男が絶賛「父の本当の姿を語っている」

マイケルの長男、プリンス・ジャクソンもこの映画に関わっていて、時折内容について話しています。
2023年9月、マイク・タイソンのPodcastに出演したとき、「僕の父の本当の姿を語ってくれる映画だ!」と絶賛していました。

he goes and he spends time with people getting their full story you know where they came from how they met my dad how they knew him and what their relationship was like and he does all this information gathering and research to put together the most authentic story and the character of who my father was 

(プロデューサーのグレアムは、マイケル関係者と)共に過ごし、彼らのストーリーを全部聞いた。どこから来たのか、どうやって僕の父(マイケル)と会ったか、どんな人間関係だったか、という話をね。
そして得られた全ての情報や調査結果を集めて、一緒にした。
僕の父がどんな人物だったか、最も忠実なストーリー、そしてキャラクターだ。

プリンス・ジャクソン Hotboxin’ with Mike Tysonより

「ここには触れるの?」まだ分かっていないところ

映画「マイケル」の内容はまだ謎だらけ。「この話題には触れるの?」と私が気になっている、マイケルの人生の重要ポイントをあげてみます。

  • 家族との関係(厳しい父、男兄弟との活動から離脱、ジャネットやラトーヤなど女兄弟との交流)
  • 過去に信仰していた宗教「エホバの証人」とその離脱
  • 恋愛、結婚、離婚、子供たちについて
  • ネバーランド・ランチの建設、ネバーランドで行った事業
  • 尋常性白斑病(皮膚が白くなる病気)、鎮痛剤依存症などの健康問題について
あおあり
あおあり

どんな映画になるのか、想像がとまりません。

マイケル役は本人の甥、ジャファー・ジャクソン!

マイケル・ジャクソンを演じる大役に抜擢されたのは、マイケルの兄ジャーメイン・ジャクソンの息子であるジャファー・ジャクソンです。つまりマイケルの甥っ子です。

マイケルにそっくりなジャファー・ジャクソンの写真 

実父ジャーメインもミュージシャンとして活躍していますし、ジャネット・ジャクソンの甥でもあります。スーパーサラブレッドですね!

  • 血縁者がマイケル・ジャクソンを演じる
  • 優しい歌声と抜群のスタイルがマイケルに似ている
  • イケメンで歌もダンスも上手

ジャファー・ジャクソンの抜擢は話題性抜群で、関係者もファンも納得。

あおあり
あおあり

このニュースが入ってから映画「マイケル」の話題がさらに盛り上がったよ

Youtubeでは”Got Me Singing”という曲のミュージックビデオが公開されています。

12歳から音楽活動をしてきたものの、超有名人ではないようです。2023年2月現在、日本語の情報はほぼありません。

ジャファー・ジャクソンの基本情報は以下の通りです。

名前Jaafar Jermiah Jackson
(ジャファー・ジャレマイア・ジャクソン)
生年月日1996年7月25日
ジャーメイン・ジャクソン
アレハンドラ・ジェネヴィーヴ・オアイザ
出身アメリカ合衆国
経歴もともとゴルファーに憧れていた。
しかし音楽一家に囲まれ自然に音楽の道へ進む。
12歳から活動。歌、ダンス、ピアノが得意
趣味絵画、旅行、ファッション
公式SNSYoutube
Twitter
Instagram
TikTok
参照:infofamouspeople.com IMDb

ジャファー・ジャクソンの経歴

ジャファー・ジャクソンは12歳ごろから歌とダンスを始めました。はじめはサム・クックやマーヴィン・ゲイなどをカバーしたり、オリジナルソングを歌ったりしていたようです。

子供時代のかわいい写真

またピアノも得意で、公式TikTokでは演奏している姿もみられます🎹

2019年にはGot Me Singingという曲をリリース。その他にも、家族と一緒にテレビやライブに何度か出演してきました。

マイケルの家族や関係者も大絶賛のジャファー・ジャクソン

ジャファーがマイケル役に抜擢されたニュースを受けて、マイケルの家族や関係者からは称賛の声が相次いでいます。

マイケルの母キャサリンは以下のようにコメント。

Jaafar embodies my son. It’s so wonderful to see him carry on the Jackson legacy of entertainers and performers

ジャファーは私の息子を体現しているわ。彼がジャクソン(ファミリー)のエンターテイナー、パフォーマーたちの遺産を受け継いてくれるのはとても素晴らしいことよ。

マイケルの母、キャサリンジャクソンのコメント ソース:The Hollywood Reporter

映画「マイケル」のプロデューサー、グレアム・キングも「世界中でマイケルを演じられるのは彼だけ!」と絶賛しています。

“I met Jaafar over two years ago and was blown away by the way he organically personifies the spirit and personality of Michael,”
“It was something so powerful that even after conducting a worldwide search, it was clear that he is the only person to take on this role. I am beyond thrilled that he has come on board to portray his uncle and cannot wait for the world to see him on the big screen as Michael Jackson.”

「2年以上前、ジャファーに会った。彼がマイケルの魂と人間性を本質的に体現している様子に感動したよ。」
「世界中を探し回った上で、この役を担える人は彼しかいない。これはすごくパワフルなことだ。ジャファーが彼の叔父(マイケル)を演じることにすごく興奮しているし、マイケルジャクソン役として映画館のスクリーンに映る彼を世界の人々が目にする瞬間を待ちきれない。」

映画「マイケル」プロデューサー、グレアム・キングのコメント

全面の祝福を受けて、マイケルの物語を見事に伝えていってほしいですね。

ジャファーの父、ジャーメイン・ジャクソンはマイケルの親しい兄

Embed from Getty Images

ジャーメイン(中央)と息子のジャファー(右)、ジャーマジェスティー(左)

ジャーメイン・ジャクソンはマイケルより4つ年上の兄です。

他の兄弟たちと共にジャクソン5で活動。当時、小さくて可愛らしいマイケルとは対照的に、背が高くて大人っぽくかっこいい雰囲気でした。

1975年、ジャクソン5がソニーへ移籍し「ジャクソンズ」に改名して新たなキャリアを歩むなか、諸事情あってグループから離脱。それ移行はおもにソロ活動をして数々のヒット曲を生んでいます。

1990年前後は、大活躍するマイケルに対抗心を燃やしているような言動がありました。しかしマイケルが苦境に立たされると積極的に前に出てマイケルを支持する頼もしい兄でもあります。

あおあり
あおあり

やや目立ちたがりの熱い男っていうイメージ

子供時代マイケル役も話題! 超キュートでダンス激ウマ

子供時代のマイケルを演じる俳優「ジュリアーノ・クルー・ヴァルディ」が可愛くてダンスがうますぎると話題です。

マイケルは11歳のとき、4人の兄と共に「Jackson5」というグループでメジャーデビュー。
キュートなルックスと、上手すぎる歌&ダンス、卓越した表現力で観客を圧倒し、一躍世界中で有名になりました。

Embed from Getty Images

そんな重要な役を演じる俳優は、9歳にして「うますぎるマイケルダンス」で既に多くの人気を集めているジュリアーノ・クルー・ヴァルディ君。

向かって左側の男の子

この軸のブレなさがえげつないですよね?
そしてエレガントと情熱を兼ね備えていて、かっこよく、華のあるダンス!完璧です。

さらに、顔も小さい頃のマイケルに似ていて可愛らしい。年齢もピッタリで言うことなし。

ジュリアーノ・クルー・ヴァルディ君の情報

「ちびマイケルシーン」も非常に楽しみです。

家族を中心に、重要キャストが続々と発表

マイケルの父、ジョー・ジャクソンを演じるキャストを皮切りに、伝記映画でキーとなりそうな人物の配役が次々と公開されています。

参照サイト EVERY SINGLE ACTOR YOU NEED TO KNOW THAT’S STARRING IN THE NEW MICHAEL JACKSON BIOPIC COMING IN 2025 MJ Vibe.com – Biopic Archives

公開されたキャストの一覧から、マイケルに近しい親族や著名人の配役を抜粋しました。

役名マイケル
との関係
俳優名公式サイト
マイケル・ジャクソン
(スタント)
本人Ninurta Elamistunt.com
ジョー・ジャクソンColman Domingocolmandomigo.com
キャサリン・ジャクソンNia LongInstagram
ジャッキー・ジャクソンJoseph David-Joneslinktree
ジャーメイン・ジャクソンJamal R. Hendersonjamalhenderson.com
ラトーヤ・ジャクソンJessica SulaInstagram
ティト・ジャクソンRhyan Hill imbd.com
マーロン・ジャクソンTre Hortonbackstage.com
ジャッキー・ジャクソン
(子供時代)
Nathaniel Logan McIntyreInstagram
ジャーメイン・ジャクソン
(子供時代)
Jayden HarvilleInstagram
ティト・ジャクソン
(子供時代)
Judah EdwardsInstagram
マーロン・ジャクソン
(子供時代)
Jaylen Lyndon HunterInstagram
ベリー・ゴーディーレコード会社 モータウン”
創始者
Larenz TateInstagram
ダイアナ・ロスあこがれ先輩
女性シンガー
Kat Grahamkatgraham.com
クインシー・ジョーンズ大御所プロデューサー
黄金期を共に歩む
Kendrick SampsonInstagram
あおあり
あおあり

マイケルの妹、かつ現在も活躍中のスーパースター「ジャネット・ジャクソン」の配役は未発表です。気になる!!

まとめ:嬉しい発表が相次ぎ、期待大!!

マイケルジャクソンの伝記映画について、現在分かっている情報をまとめました。

映画が制作されて嬉しい反面、「無事にマイケルの一生を映画化できるのだろうか」という不安もありました。

しかし、具体的な製作者や、マイケル役の正体が明らかになり、どんどん期待が高まっています。

これから徐々に新しい発表があると考えられます。とても楽しみですね😊

1990年生まれ。マイケルファン歴20年ほど。
もはや彼が脳内に住んでいる。
NHK BSのテレビ番組「熱中夜話 マイケルジャクソンナイト」にファンの1人として出演した経歴あり。
ファンの方も、そうでない方も楽しんでもらえる記事を書きたいです。

あおありをフォローする
まとめ記事
あおありをフォローする
マイケル大使館

コメント

タイトルとURLをコピーしました